遠心力
わたしがおちればおちるほどそこにひとがいたのに、
はいあがってみたりするともうだれもいなくなったりする。
だめなふりでもしてみたらいいんだろうか。
だめなふりをしてたらいつかほんとうにだめになって、
それすらもきづかないんじゃないだろうか。
まえにすすんでたはずなのに、いまどこにいるんだろう。
ひきかえしてしまいたくてしかたがない。
Date: 2009/06/30


人財
マイラバ「Hello, Again」の最新セルフカバーがとてもよい。

求人誌の反応がよい時期で、わんさか新入りたちが入ってきた。
ところがその中で、求人誌を見ずに飛び込んできた子がひとり。

アルバイトはしたことなかったけど、だそうだ。

どうやら近くに住んでる常連さんだったらしく、
トレーニング中の札をさげているひとたちを見て自分も、と思ってくれたのだろう。
聞けば、近隣の競合店よりも「うち」がよかったと言ってくれた。

これだよ、これ。
求人誌なんて経費の無駄なんだよ。
雰囲気が良ければ自然と人が集まってきて、もういらねってくらいに溢れかえるんだよ。
人手が足りない、定着しない、っていう原因究明に自分の行動を含めて考えていれば。

んなことはどうでもいいや。

本当に目が輝いていて、自然な笑顔がこぼれていて、
それでいて楽しく積極的に物事を覚えようとする姿勢。
将来きっとすばらしい大人になってくれるんだろうな。

三十路まで猶予半年余りのおっさんは、10代の子に思いっきり面食らわされたのでした。
あんな子がうちを選んでくれたことに心から感動して眠れやしない。
Date: 2008/10/18


弾薬
パキシルがなくなってからどれくらいたっただろうか。
数えてないからもうわからないけれど、ずいぶん経つ。

当初は断薬症状、俗にシャンビリと呼ばれる体中の神経のしびれ、がきつくてたまらなかった。
一歩歩くのも苦痛を伴って、それだけでも十分苦しいのに
心の拠り所をなくした喪失感や不安感は相当なものだった。
少しでも和らがないかと思って、というよりは願って、
神経症の市販薬や風邪薬などを無駄に飲んでみたりした。
プラシーボほどの効果があったかどうかすらわからない。

でも、いつのまにか「断薬」から「飲まないのが当たり前」というか、
あまり気にならないほどにまで忘れてしまった。
断薬症状はだいぶましになった。以前のような不安感も襲ってこない。

あれから変わったことといえば、なんか人間らしくなったかも知れない。
感情が自然に現れるようになったし、へんな高揚感もなくなった。
面白いことを面白いと言える。
悲しいことを悲しいと言える。
笑いたいと思えば笑えるようになったし、
悲しい曲や物語に涙できるようになった。
この数年間、こんなにもヒトが持ち得る感情を忘れてしまっていたのか、と
少々損をした気分にもなった。もちろん補われていた部分の方が大きいのだけど。

その期間に得たものや失ったものもいっぱいある。
どうでもいいものもあれば大切なものもあった。
過ぎたことは仕方がないけれど、少しだけあがいてみたい気持ちもある。
でもしばらくは様子を見た方がいいだろうな。
こういうときの積極性は、ろくな結果に繋がった試しがない。
それよりはもっと身近な人たちに感謝すべきだろう。

おはようございます。
今から仕事に入ります。
今日一日よろしくお願いします。
Date: 2008/10/11


お便り
具体的に何をしてほしいとか、どんな言葉をかけてほしいとかじゃないんだけど
誰かに助けてくれって言いたくなる。
そういうときにはいくつかの顔や名前が浮かぶんだけど、
結局昨日も今日も、誰にも何も求められやしなかった。

もしも自分がその相手の立場だったら、
そんなことくらい、なんでもっとはやくいってくれないんだ
って文句を付けるところだろう。
べつに誰かを信じていない訳じゃないんだけど、
自分が頼るとなるとどうも腰が引けてしまうらしい。

もうどうしようもなかったから、部屋中をひっくり返して
DVDを探して、プラネテスの「屑星の空」を観て泣いた。
ハチマキが「仲間だろ」っていうたびに痛い思いがした。
いま、自分には誇れる仲間なんていたっけか。
そもそも頼りたいと思った面々でさえ、
自分からの一方通行だから気後れしてるんじゃないか。

もうなんかいいや。
Date: 2008/10/07


もやっと
前の書き込みをみて、
あれ、今年って何年だっけ?とか
自分は今年でいくつになるんだろう?とか
数えてみなきゃわからない自分に絶望。

なんだかずっともやもやしてて、
誰かに聞いてもらうほどのことでもなくて、
そういう思考自体があんまりよい兆候だとは思えんだとか
うだうだ考え続けていたら思い出した。
どーでもいーことを柿田メル、メルって誰だよ
書き溜めるところを自分で作って放置してたんだった。
うん、ここまで書いてて特に調子は悪くない。

かつて自分が苦しめられた境界例は
相手を理想化しすぎて、現実とのギャップを相手にぶつけるという人種だった。
そういうものって元々誰しもが持ってる部類の感情だとは思うけれど、
遠慮なくそれをまき散らしてるのは迷惑なことこの上ない。
しかしながら自分も同じなんじゃないかとか
延々延々と思っていて、もう頭がパンク寸前だ。

実を言えば、保険証を諸般の事情できらしてしまっていて、
飲んでなきゃいけない薬を飲んでいないってのも十分影響あると思う。
でも、気分が落ち込むかといえばそうでもないし、
むしろ感情が素直に出せそうなのはいいことだと思う。比較論だけど。

情緒不安定なのは結局自己責任で、まわりがどーのこーのって
責任転嫁なのか期待し過ぎなのかよくわからんけども
あーもうわけわかんなくなってきた。
なんでもいいから自分のことを宅急便の緩衝材みたいにぷちっと弾けさせて気持ち良くしてやりたい。
ふつーのひとたちはお酒でも飲めれば気晴らしもできるんだろうけど、
下戸遺伝子を毒ガス対策のインコ並みに引き継いでる自分には無理な話。
どーにかなんないかしら。
Date: 2008/10/04


時間
数年ぶりに腕時計を買った。
久しぶりで、今月はボーナスも入ったのでちょっとこだわってみた。
あの子も気に入っているようだ。
色違いのを買って来週プレゼントしてみよう。
きっとくだらないと、お揃いだと笑うだろう。
くだらない笑顔でもお揃いの笑顔で僕は幸せだ。

高校の時に好きだった女の子と偶然コンタクトした。
女の子は僕が好きだったことすら気付かなかったようだ。

気付いたら腕時計が止まっていた。
そうだ、こいつはねじをまかなきゃいけなかったんだ。
Date: 2007/12/18


いしわたりになりたい
チャットモンチーのボーカルギターの女の子に惚れそうだ。
元カノと同じく徳島出身という田舎臭さ、
ラブストをも彷彿とさせる記号的な歌詞、
バンドでやるには充分楽しそうなメロディ。
迫力のないリズム隊でさえ彼女を際立たせるための演出にすら思える。
絵莉子かわいいよ絵莉子。

ランクヘッド/FORCE

おかえりなさい、ランクヘッド!
先行シングル3曲がポップ過ぎてぜんぜん聴いてなかった。
だから期待してなかったんだけど、ランクはやはりこうじゃなくちゃ。
むしろアルバム曲のほうがシングル向きで、
シングル曲はアルバムに入ってりゃ納得いくんだけどなあ。
とにかくばりばりのギターロックが聴けて一安心した。
…と思いきや、最後から2曲目に「語り」プラス「合唱」という
なんとも先行き不安になる曲が収録。
そっちには転ばないでいて欲しい。

カスタネッツ/the castanets - EP

iTunes版で3曲しか入ってないけど我慢できずにポチ。
「サンシャイン」ってこんないい曲だったっけ、
ていうくらい完成度がアップしていた。
ここ何年かはまともなリリースどころか活動自体が悲惨だったのも
一気に吹き飛ばすかのようなみずみずしさ。
そして相変わらず愛嬌があって決してうまくはないけれど
心から唄ってるんだ、てのがわかる牧野さんの唄声。
なにもかもが懐かしくて新しい。
通販で注文したアルバム、早く届かないかしら。

蝉時雨/ナミダノイチ

聴くとどうしてもスピッツを思い出してしまう彼ら。
まあよくよく聴いてみるとあんまり似てないけどね。
今回もかなりいい曲作ってるけど、ちょっと波があるかも。
感想はあまりなし。

今月は期待のズータンズのアルバムが発売。
これは絶対に期待していい。
阪神の打線で言えば一番ライト庄田くらい。
期待していい。
Date: 2007/07/02


Love Love Straw
ラブストが5年ぶりの新曲を含むベストアルバム「decade」を発表した。
それも先月の僕の誕生日だった。
今週初めて情報を知って、アマゾンで注文したのが今日届いた。

構成は新曲2曲と「elevator girl」の未発表バージョン入り。
新曲以外はほぼリリース順に並んでいる。野中曲中心。
なんといっても気になるのは新曲。
「snow」、「gonna take a miracle」、両方とも野中曲だ。

野中さんの書く曲はどれも簡単なコード進行と、
中学生でも聴き取れそうなほど簡単な英語詩で成り立っている。
彼の書く曲がすごいのは、それらの楽曲構成と歌詞が
ずっと昔から存在していた名曲かのような、
これ以外の形をとることは決してあり得ないような、
異常なほどまでの完成度を誇っていることである。

完成度にも色々あるのだが、それはあまりにも自然すぎる。
ネイティブでしか思いつけそうも無い記号的で、且つ韻を踏み、
母音のイントネーションがメロディに呼応していて、
曲と一体になりきっている英語詩。
作者はノナカヒトシ、日本人で英語の教師なだけである。

さらに曲の構成が童謡みたいに簡単なこと。
「snow」なんてサビとAメロ(?)しか無い。
決して難解なコード進行なんて使わない。でも、説得力のあるメロディ。
そこから生まれる創造性は非常に豊かだ。
作者はノナカヒトシ、人よりツェッペリンが好きなだけである。

今回収録されている「elevator girl」は2001年にシングルとして
発表される予定だったらしく、アルバム「terranova」に収録されている
テイクとは違ってLove Love Strawがまだバンドとして機能している頃のもの。
どうして発表に至らなかったのか、想像するのは容易いが、
なんにせよ最後の勢いが途切れる寸前の貴重なものだ。

Love Love Strawは2005年に再結成され、今も活動中。
未発表になっている曲もたくさんあるようだ。
紆余今日説を経て認められた野中斉の才能を生かす場は与えられた。
これからの活動が楽しみでならない。
Date: 2007/06/22


じめり。
梅雨。
昨日は帰りに寒冷前線が直撃したのでスーツがずぶ濡れになった。
買い置きの食料も煙草も無くて辛い夜だった。

先週一週間、湘南で研修を受けてきた。
店舗経営のためのノウハウを朝から晩まで叩き込まれた。
富士山がきれいだった。ごはんもおいしかった。

明日からの二週間で店長としてやっていくために
店舗経営のためのノウハウとやらを片手に頑張ります。
そんな28歳、空気の読めない男を彩る曲たち。

恋うた/音速ライン

ワンパターン、だがそれがいい水戸黄門的良曲。
今回注目したいのはベースライン。
ごはん3杯いけます。

虹/電気グルーヴ

今更、名曲。五島良子の声も素敵。
フル・バージョンもDLして聴いてます。

修羅/DOES

アニソン。
民生とイエモン好きなんだろうな。
昔の作品は意外と良くなかった。

Sagittarius/SUEMITSU & THE NODAME ORCHESTRA

これもアニソン。
スエミツそんなに好きじゃないけどこの曲は好き。
金掛かってるんだろうなあ。

ドラマチック/Base Ball Bear

これまたアニソン。
「おおきく振りかぶって」は毎週見てます。
青春っていいなあ。

シャングリラ/チャットモンチー

はたまたアニソン。
最近の若いバンドはアニソンやらないといけない法律でもあんのか。
四つ打ち流行ってるけどヘアブレは売れないのね。

ジャンクション/ズータンズ

今週のお宝。
関東のギターレス若手バンド。
クラムボン思い出したけどちょっと違う感じ。
ボーカルの女の子がある意味素敵。
Date: 2007/06/18


研修
31日に東京へ行った。
新幹線の中で村上春樹の「レキシントンの幽霊」を読んでいたら
横浜で大雨が降ったらしく途中で1時間待たされた。
おかげで東京まで「レキシントンの幽霊」は保たなかった。
予想外デス。

髪の毛が伸びすぎてると思ったので池袋でヘアサロンを探した。
もう20時を過ぎていたので店探しに手間取ったが、
繁華街でなんとか見つけた。店員の平均年齢が低かった。腕もその程度だった。

1日に本社で研修を受けた。
大阪の最終面接で両隣にいたおっさんふたりはいなかった。
同じことを喋っていたのに何がいけなかったのだろう。
現実世界の恐怖をちょっぴり味わった。

夕方、今度は藤原伊織の「テロリストのパラソル」を手に新幹線に乗る。
今度は無事に京都に着いた。おかげで読み切れなかったので、
京都駅からの在来線の中でも読んだ。帰宅してから読み切った。

2日。適当な時間に目覚めて、京都で配属になった店舗へ原付で行ってみた。
駐車場がなく、停めておく場所がなさそうだった。
おそらく電車通勤になるだろう。
昔から電車に乗るのは基本的に好きなので、あまり悪い気はしない。
だが、通勤時間は余分に掛かりそうだ。
早起きなんて何年もしてないので少し不安になる。

11日から5日間、今度は湘南で研修があるらしい。
忙しい月になりそうな予感。腰が重いので新生活は大変だ。
鬱病でせっかちな人間はこの世にいるだろうか。
いたら話をしてみたい。

90年代ブーム、俺様限定。
ある曲のイントロを思い出して、でも曲名がわからなくて悩んだ。
悩んでいるうちにAメロと、その歌詞を少しだけ思い出した。
歌詞で検索したら東野純直の「君とピアノと」だった。
iTunesで販売していたのでポチッとやった。
もう10年以上前に聴いていた曲だった。
思い出したのは、たぶんZARDのせいだろう。

インターネットで毎日嫌というほどの文章を読んでいるのに、
たかだか文庫本2冊だけのせいで、日記がここまで長くなる。
本は読むべきだ。文学と限定した方が適当か。
Date: 2007/06/03


現行ログ/ [1] [2] [3]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.02